鍼灸で生理中の不快感を軽減!

query_builder 2024/05/25 鍼灸 女性
生理中の不快感は女性にとってハードルの一つです。この記事では、鍼灸が生理中の不快感にどのように影響を与え、それをどのように軽減できるのかを詳しく説明します。

鍼灸・マッサージサロン Calfa

ロゴ

高い技術力と専門的な知識を活かした鍼灸やあん摩指圧を大阪市にて提供しており、疲れた体を癒やすための心地よいリラクゼーションをお届けいたします。美しさだけでなく健康面でのサポートもお任せいただけます。

鍼灸・マッサージサロン Calfa
住所:

〒550-0002

大阪府大阪市西区江戸堀1-26-24
KAISEI江戸堀1004

生理中の身体の変化

まずは生理中に起こる身体の変化を理解しましょう。この知識が鍼灸の効果を理解する一助となるでしょう。

ホルモンの影響

生理中は女性の身体がホルモンバランスの変化によって様々な影響を受けます。エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが増加したり減少したりすることで、体の機能が変動します。これにより、生理痛や頭痛、肩こりなどの不快感が引き起こされることがあります。

エストロゲンは生理中に増加し、子宮内膜が厚くなるため、生理痛を引き起こすことがあります。また、エストロゲンの量が減少することで、浮腫みや疲労感、倦怠感が現れることもあります。

一方、プロゲステロンは生理前に急激に増加し、子宮内膜の成長を促す役割を果たします。しかし、プロゲステロンが急激に低下することで、イライラや不安感、気分の落ち込みが生じることもあります。

これらのホルモンの変動は、生理中の女性にとって不快感や不調を引き起こす要因となります。鍼灸はホルモンバランスを整える効果があるとされており、生理中の不快感の軽減に期待が持たれています。ツボを刺激することで、ホルモンの分泌を調整し、身体のバランスを整えることができるのです。

ただし、個人の体質や症状によって効果や反応は異なるため、鍼灸を受ける際には専門家の指導を受けながら行うことが重要です。自分の身体の変化やホルモンの影響を理解し、適切なケアを行うことで、生理中の不快感を軽減することができるかもしれません。

体の不快感

生理中はホルモンの変化に加えて、さまざまな体の不快感が生じることがあります。生理痛はもちろんのこと、頭痛や肩こり、気分の乱れなど、個人によって異なる症状が現れることがあります。

生理痛は、子宮の収縮によって引き起こされます。子宮内膜が剥がれる際に起こる痛みであり、鈍痛や激しい痛みなど、程度は人それぞれです。また、頭痛や肩こりは、生理中のホルモンバランスの変化や血流の低下によって引き起こされることがあります。さらに、ホルモンの変動によって気分の浮き沈みが激しくなることもあり、イライラや情緒不安定などの気分の乱れが現れることがあります。

これらの体の不快感は、生理中に女性にとってハードルとなる要素です。しかし、鍼灸によってこのような不快感を軽減することができるかもしれません。鍼灸は、特定のツボを刺激することで体のバランスを整える効果があります。生理痛の場合、鍼灸によって血流や筋肉の緊張を改善し、痛みを緩和することが期待されています。また、頭痛や肩こりも同様に、ツボの刺激によって緊張をほぐし、血流を改善することで症状の軽減が見込まれます。

ただし、個人の体質や状態によって効果や反応は異なるため、鍼灸を受ける際には専門家の指導を受けながら行うことが重要です。自分自身の体の不快感や症状を正しく理解し、適切なケアを行うことで、生理中の不快感を軽減する可能性があるのです。鍼灸を取り入れることで、生理中の不快感を乗り越え、より快適な生活を送ることができるかもしれません。

鍼灸の基本

ここでは、鍼灸の基本的な考え方と操作について説明します。

鍼灸の原理

鍼灸の効果や原理を理解することは、生理中の不快感を軽減するために重要です。鍼灸は、特定のツボを刺激することで体全体のバランスを整えることを目指しています。

鍼灸の主な原理は、気・血・水の循環を促進することにあります。鍼灸によってツボを刺激することで、体内の自然治癒力や代謝機能を活性化させ、健康な状態に導くのです。

まず、気の循環について考えましょう。鍼灸によってツボを刺激することで、気の流れを整えることができます。気の滞りや不足がある場所に鍼を刺すことで、気の流れを改善させ、体内のエネルギーがスムーズに循環するように導くのです。この気の循環の改善によって、身体の状態が整い、不快感が軽減されることが期待されます。

次に、血の循環について考えましょう。血液は酸素や栄養素を運び、不要な物質を排出する役割を果たしています。鍼灸によってツボを刺激することで、血液の流れが活性化され、循環が改善されます。これにより、組織への酸素供給が増え、老廃物の排出も促進されるため、身体の機能が正常に働きやすくなるのです。

最後に、水の循環について考えましょう。水の循環は体内の調節機能に密接に関わっています。鍼灸によってツボを刺激することで、体内の水のバランスを整えることができます。水分代謝がスムーズに行われることで、浮腫みや不快感を軽減する効果があります。

鍼灸は、気・血・水の循環の促進を通じて体全体のバランスを整える効果があります。生理中の不快感を軽減するために、鍼灸を取り入れることで体内の調和を取り戻すことができるかもしれません。ただし、鍼灸の効果や治療の方法は個人によって異なるため、専門家のアドバイスや指導を受けながら行うことが重要です。正しい知識と適切なケアを持って鍼灸を取り入れることで、生理中の不快感を軽減する一助となるでしょう。

鍼灸の操作

鍼灸には、鍼を用いた鍼法と、熱刺激を用いる灸法という2つの主要な操作方法があります。

鍼法では、鍼を特定のツボに刺すことによって刺激を与えます。鍼は細く尖っているため、ほとんど痛みを感じることはありません。鍼の刺激によって、ツボや経絡の流れが活性化され、体のバランスが整えられます。鍼を刺すポイントは、生理中の不快感や症状に合わせて選ばれます。通常、遠隔ツボや局所ツボなどが使われることが多く、一人ひとりの状態に合わせた施術が行われます。

一方、灸法では、ツボに熱を与えることによって刺激を与えます。一般的な方法には、艾(もぐさ)を燃やして皮膚上に灸を当てる方法があります。熱刺激によってツボや経絡のエネルギーが活性化され、体のバランスが整えられます。灸は温熱のため、局所的な血流促進や筋肉の緊張緩和効果もあります。灸の刺激や使用するポイントも、個人に合わせて選ばれます。

鍼灸の操作は、専門家によって適切に行われるべきです。鍼や灸の使用方法やポイントの選択は、豊富な知識と経験を持った鍼灸師によって行われます。施術時には、清潔な器具や衛生管理にも注意が払われます。ひとりひとりの状態や症状に応じた施術計画が組まれ、適切な施術が行われることで、生理中の不快感を軽減する効果が期待できます。

ただし、鍼灸は効果や反応が個人によって異なる場合があります。鍼灸を受ける際には、専門家との相談や指導を受けながら行うことが重要です。自分の状態や体の変化を正しく理解し、適切なケアを行うことで、鍼灸の効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

鍼灸とホルモンバランス

生理周期と鍼灸がどのように関連しているのか明らかにします。

ホルモンバランスの調整

鍼灸は、ホルモンバランスの調整に効果があるとされています。生理中のホルモンの変動によって引き起こされる不快感や症状を軽減するために、鍼灸を取り入れることが考えられます。

鍼灸によってホルモンバランスが調整される仕組みは、複数の要素によって成り立っています。まず、鍼灸による刺激が神経系を刺激することで、内分泌系の調節に影響を与えると考えられています。具体的には、ツボに刺激を与えることで、ホルモンの分泌やバランスを調整する神経伝達物質の働きを促進するのです。

また、鍼灸は自律神経の調整にも効果があります。自律神経は、体内のさまざまな機能を制御するために重要な役割を果たしています。この自律神経のバランスが崩れることで、ホルモンの分泌や身体の不調が生じることがあります。鍼灸によってツボを刺激することで、自律神経の調整を促すことができます。

ホルモンバランスの調整によって、生理中の不快感を軽減することが期待されます。特に生理痛やホルモンの乱れによる症状の改善が見込まれます。鍼灸は個人に合わせて施術計画を組み、適切なツボを刺激することでホルモンバランスの調整を行います。

ただし、効果や反応は個人によって異なる場合があります。生理中の不快感を軽減するために鍼灸を受ける際には、専門家の指導を受けながら行うことが重要です。適切な施術やケアを行うことで、ホルモンバランスの調整による不快感の軽減を期待することができるでしょう。

自律神経の調整

鍼灸は、自律神経の調整にも効果があると言われています。自律神経は、体内の機能を調節し、バランスを保つために重要な役割を果たしています。生理中の自律神経の乱れは、不快感や不調を引き起こす可能性がありますが、鍼灸によってこのバランスを整えることができます。

鍼灸によって自律神経の調整を行うメカニズムは、複数の要素によって成り立っています。まず、鍼灸による刺激が神経系に作用し、交感神経と副交感神経のバランスを調整すると考えられています。交感神経はストレス時に活発に働き、身体を興奮状態にし、副交感神経はリラックス状態を促進します。生理中はホルモンの変動や身体の状態の変化によって自律神経のバランスが乱れることがありますが、鍼灸によって交感神経と副交感神経のバランスを調整することで、身体をリフレッシュさせる効果が期待されます。

また、鍼灸によって刺激を受けたツボが、脳内の神経伝達物質の分泌に影響を与えるとも言われています。これにより、セロトニンやエンドルフィンなどの神経伝達物質が増え、リラックス効果やストレスの軽減につながると考えられています。自律神経の調整によって、生理中に現れる不快感や不調を緩和する可能性があります。

鍼灸による自律神経の調整は、個人の体質や状態によって効果や反応が異なる場合があります。そのため、鍼灸を受ける際には、鍼灸師の指導のもとで施術を受けることが重要です。自分自身の体の状態や不快感を正しく伝えることで、適切な施術が行われるでしょう。鍼灸によって自律神経のバランスを整え、生理中の不快感や不調を軽減することが期待できるかもしれません。ただし、専門家のアドバイスや指導に従いながら、安全で効果的な施術を受けることをおすすめします。

生理中の鍼灸治療

次に、具体的に生理中の鍼灸治療がどのようなものなのか説明します。

鍼灸と生理痛

鍼灸は、生理痛の軽減に効果があるとされています。生理痛は、生理中に起こる子宮の収縮や炎症が原因で、腹部の痛みや不快感を引き起こします。しかし、鍼灸によって特定のツボを刺激することで、生理痛の軽減につながることが期待されます。

鍼灸による生理痛の軽減効果は、複数のメカニズムによって成り立っています。まず、鍼灸によってツボを刺激することで、血流が改善されます。生理痛の原因の一つは、血流の低下による酸素や栄養の供給不足です。鍼灸の刺激によって血流が促進され、酸素や栄養の供給が増えることで、子宮の収縮が緩和され、生理痛の軽減が期待できるのです。

また、鍼灸は神経系への作用も与えます。生理痛は、神経の過敏化や痛みの伝達異常が関与していることがあります。鍼灸によってツボを刺激することで、神経伝達物質の分泌が促進され、痛みの感じ方が変化すると考えられています。これにより、生理痛による不快感が緩和される可能性があります。

鍼灸による生理痛の軽減効果は個人によって異なるため、専門家のアドバイスや指導を受けながら行うことが重要です。生理痛の程度や症状に合わせて、適切なツボを選んで施術を行うことで効果を得ることができます。ただし、症状の重い場合や他の病気が原因である場合には、必ず専門家に相談することが必要です。

鍼灸を利用して生理痛の軽減を試みる場合は、定期的に施術を受けることが重要です。単発的な施術では効果が期待できないため、継続的なケアを行うことが必要です。鍼灸によって生理痛を軽減し、快適な生理を迎えることができるかもしれません。ただし、個人の体質や状態によって効果や反応は異なるため、鍼灸師の指導に従いながら行うことをおすすめします。

鍼灸と不規則な生理周期

鍼灸は不規則な生理周期の調整にも使用されることがあります。生理周期が不規則な場合、生理が遅れたり、早く来たりすることがあります。これはホルモンバランスの乱れやストレス、体調の変化などによるものです。しかし、鍼灸によって体のバランスを整えることで、不規則な生理周期を正常化する効果が期待されます。

鍼灸による不規則な生理周期の調整は、複数の要素によって成り立っています。まず、鍼灸によってホルモンバランスが調整されます。ツボを刺激することで、ホルモンの分泌やバランスを整える神経伝達物質の働きを促進します。これによって、エストロゲンやプロゲステロンのバランスが整い、生理周期の調整に寄与することが期待されます。

また、鍼灸はストレスの軽減にも効果があります。ストレスは生理周期に影響を与える要因の一つです。鍼灸によってツボを刺激することで、神経系の興奮を緩和し、リラックス効果をもたらすと考えられています。ストレスの軽減によって、自律神経のバランスが整い、生理周期も安定化する可能性があります。

不規則な生理周期の調整には、鍼灸の他にも生活習慣の改善やストレス管理などが重要です。睡眠や食事のリズムを整えること、適度な運動やリラックス法を取り入れることで、全体的な体調の改善が期待できます。

ただし、不規則な生理周期の原因や状態によって効果や反応は異なるため、鍼灸を受ける際には専門家の指導を受けながら行うことが重要です。個々の状態に合わせた施術計画が組まれ、適切なツボを刺激することで生理周期の調整を行います。

鍼灸を取り入れることで、不規則な生理周期の調整が期待できるかもしれません。ただし、継続的な施術やライフスタイルの改善が必要です。自身の体の状態や生理周期の変化を正しく把握し、適切なケアを行うことで、より快適な生理周期を取り戻すことができるでしょう。

鍼灸を始める前に

鍼灸を始める前に知っておくべきことをいくつか取り上げます。

専門家の意見を取り入れる

鍼灸を始める前に、専門家の意見を取り入れることが重要です。鍼灸は専門的な知識と技術が必要な施術法であり、自己判断や自己処理を行うことは避けるべきです。

まず、鍼灸師や医師に相談することをおすすめします。専門家は、個々の状態や症状に基づいて最適な施術計画を立案し、適切なツボを選択することができます。彼らの専門的な知識や経験に基づいたアドバイスやガイダンスを受けることで、より効果的な鍼灸療法を受けることができます。

また、専門家には症状への適切な診断や治療方法を提供してもらうことも重要です。鍼灸は生理中の不快感を軽減するための方法の一つですが、生理痛や不定愁訴などの症状にはさまざまな原因が考えられます。専門家の診断を受けることで、症状の原因や背後にある問題を明らかにし、適切な治療方法を選択することができます。

さらに、専門家は施術の安全性と効果を最大化するためのガイドラインを提供してくれます。鍼灸は適切な知識と技術を必要とするため、自己施術や無資格者による施術は危険です。専門家の指導のもとで、安全かつ効果的な施術を受けることが肝要です。

専門家の意見を取り入れることによって、鍼灸の効果を最大限に引き出すことができます。自分自身の身体の状態や症状を正確に伝え、専門家と協力して最適な施術計画を立てることが重要です。鍼灸を始める前に、専門家の意見を聞き、自分自身の身体を守るための正しいケアを行うようにしましょう。

自分の体を知る

鍼灸を始める前に、自分の体をよく知ることも重要です。自分自身の体の状態や特徴を正確に把握することで、鍼灸の効果を最大限に引き出すことができます。

まず、自分の体のサインや症状を注意深く観察しましょう。生理中の不快感や痛み、頭痛や肩こりなどの症状に対してどのような変化が起きるのかを観察しましょう。また、生理周期や生理の長さ、生理の量なども把握することが重要です。これらの情報は、鍼灸師や医師との相談や診断に役立ちます。

また、生活習慣やストレスの状況も把握することが大切です。睡眠時間や食生活、運動習慣、ストレスの度合いなどは、生理周期や体の状態に影響を与える要素です。自分自身の日常のリズムや状態を正確に把握し、適切な改善策を見つけることができます。

また、自己ケアやセルフケアの方法も大切です。ストレッチや軽い運動、リラクゼーション法など、自分自身でできるケア方法を知っておくことは有益です。これらの方法を生活に取り入れることで、鍼灸の効果をさらに引き出すことができます。

鍼灸を受ける際には、自分自身の体の変化や状態を正確に伝えることが重要です。専門家はこれらの情報をもとに、適切な施術計画を立てることができます。自分の体を知り、適切なケアを行うことで、鍼灸の効果を最大限に活かすことができるでしょう。

自分の体を知ることは、鍼灸だけでなく、自身の健康管理においても重要です。日常的に自己観察を行い、自分の体に対する理解を深めていきましょう。そして、専門家と協力しながら、より健康で快適な生活を送るためのケアを行うことが大切です。

鍼灸の注意点

最後に、鍼灸で生理中の不快感を改善するための注意点について説明します。

鍼灸の副作用

鍼灸は一般的に安全な治療法ですが、副作用が起こることもあります。鍼灸の副作用は個人によって異なる場合がありますが、一部の人には以下のような副作用が現れることがあります。

まず、痛みや出血が起こることがあります。鍼を刺す際には、わずかな痛みや軽い出血が生じることがあります。しかし、この痛みや出血は一時的なものであり、通常は安全なレベルで起こります。

また、皮膚への刺激によって紅斑や腫れが生じることもあります。鍼が皮膚に刺激を与えるため、一部の人は施術後に一時的な紅斑や腫れを経験することがあります。しかし、これらの症状は通常数日で自然に治まります。

さらに、めまいや吐き気、倦怠感などの身体的な反応も報告されています。これらの副作用は一時的であり、通常は軽度なものですが、まれに重度の反応が起こることもあります。

鍼灸の副作用は一部の人にのみ現れるものであり、一般的には軽微なものです。しかし、痛みや出血、炎症などの副作用が長期間続く場合や、重度の反応が現れる場合は、すぐに専門家に相談することが重要です。

鍼灸を受ける際には、専門家との相談や適切な施術計画を立てることが必要です。また、自己ケアや十分な休息を取ることも大切です。自分の身体に起こる変化や副作用に注意を払いながら、適切なケアを行うことで安全かつ効果的な鍼灸療法を受けることができるでしょう。

生理周期と鍼灸のタイミング

生理周期と鍼灸のタイミングは密接に関連しています。生理周期は女性の体におけるホルモンバランスと密接に関わりがあり、鍼灸の効果を最大限に引き出すためには適切なタイミングを考慮することが重要です。

鍼灸のタイミングは、生理周期の特定の時期に行われることが推奨されています。一般的には、生理終了直後から排卵期にかけてのタイミングが効果的とされています。この時期はエストロゲンが増加しているため、体内のエネルギーが高まっています。そのため、鍼灸の刺激による体の調整や治癒力の促進がより効果的となります。

また、生理周期の変化や不順な周期にも注目する必要があります。生理周期が不規則な場合や月経前症候群(PMS)などの症状がある場合は、それに合わせて鍼灸の施術を行うことが効果的です。個々の状態に応じた適切なツボの選択や施術計画を立て、生理周期や症状の改善を目指しましょう。

ただし、鍼灸の効果やタイミングは個人によって異なる場合があります。生理周期や症状の変化に敏感になり、自分自身の体をよく観察することが重要です。また、専門家の指導を受けながら鍼灸を行うことで、適切なタイミングを見極めることができます。

生理周期と鍼灸のタイミングを考慮しながら施術を受けることで、生理中の不快感や生理周期の調整に対する効果を最大限に引き出すことができるかもしれません。個人の状態に合わせた施術計画とタイミングの選択を行い、専門家と協力しながら鍼灸を受けることをおすすめします。

鍼灸を生活に取り入れる

鍼灸を日常生活に取り入れる方法について考えます。

継続的なケア

鍼灸の効果を最大限に引き出すためには、継続的なケアが欠かせません。単発的な施術だけでなく、継続的に鍼灸を受けることで効果を長期間にわたって享受することができます。

継続的なケアは、生理周期や不快感の軽減により持続的な効果をもたらすと考えられています。鍼灸の効果は一時的なものではなく、鍼が刺激を与えることで身体の自然治癒力を促進し、バランスを整える効果が長く続くと言われています。そのため、定期的な鍼灸の施術を受けることによって、生理中の不快感や症状の軽減を持続させることができるのです。

また、継続的なケアは個人の体質や状態に合わせた施術計画を立てることができる利点もあります。定期的な施術を受けることで、鍼灸師は個々の状態の変化や進行を把握し、適切なツボの選択や施術方法の調整を行うことができます。これによって最適なケアを提供し、より効果的な結果を得ることができます。

しかし、継続的なケアを実践するためには、自身の健康へのコミットメントと時間の確保が必要です。定期的に施術を受けるためには、スケジュールを調整したり予約を入れたりする必要があります。自分自身の健康と向き合い、長期的なケアプランに取り組む覚悟が求められます。

継続的なケアによって、生理中の不快感を軽減するだけでなく、全体的な体の調子や健康に対するプラスの影響も期待できます。自身の体の変化や効果を定期的に評価し、鍼灸師とのコミュニケーションを大切にしながら、しっかりとケアを続けていきましょう。

自宅での鍼灸

自宅での鍼灸は、定期的なケアを継続する上で便利な選択肢です。自宅でできる簡易的な鍼灸方法を取り入れることで、施術の頻度や手軽さを確保できます。

自宅での鍼灸の方法には、鍼を使用せずに指圧やツボ押しを行う方法があります。特定のツボを指先で刺激することによって、血流やエネルギーの流れを促進する効果があります。指圧やツボ押しは、自宅で手軽に行えるため、生理中の不快感の緩和に一定の効果が期待できます。

また、灸法を自宅で行うことも可能です。市販されている艾(もぐさ)の灸を用い、特定のツボを温めることによって刺激を与えます。ただし、火傷や熱さに注意しながら行う必要があります。安全な方法で灸を行えるよう、専門家の指導や適切な使い方を学ぶことが重要です。

自宅での鍼灸は、専門家の指導やガイダンスを受けながら行うことが安全です。専門家から正しいツボの選択や施術方法を学んだり、自分自身の体の変化や反応を注意深く観察したりすることが大切です。また、万が一副作用や異常な症状が現れた場合は、すぐに専門家に相談しましょう。

自宅での鍼灸は、定期的なケアを補完する手段として有用ですが、専門家の指導や施術を受けながら行うことをおすすめします。自宅で行う際には、安全性と適切な使い方に留意し、自分の体に合ったケア方法を選択しましょう。自宅での鍼灸を取り入れることで、より効果的なケアを行い、生理中の不快感を軽減することができるかもしれません。ただし、自己判断に頼らず、適切な知識と指導に基づいて行うことを忘れずに。

まとめ

鍼灸は生理中の不快感を改善する強力なツールになり得ます。しかし、それを実現するためには正しい知識と対策が必要です。

鍼灸と生理中の不快感

鍼灸は生理中の不快感、特に生理痛やホルモンバランスの乱れを改善する可能性があります。生理中の不快感は女性にとってハードルの一つですが、鍼灸によって体のバランスを整える効果が期待されます。ツボを刺激することで血流やホルモンのバランスが改善され、生理痛の軽減や気分の安定につながると言われています。ただし、効果は個人差がありますので、専門家のアドバイスを受けながら鍼灸を行うことが重要です。自分の体の状態を正しく理解し、鍼灸を取り入れることで、生理中の不快感を軽減する一助となるでしょう。

鍼灸を適切に使用する

鍼灸を適切に使用するためには、いくつかのポイントに留意する必要があります。

まず、専門家の指導を受けることが重要です。鍼灸は専門の技術や知識が必要な施術法ですので、鍼灸師や医師との相談や指導を受けながら行うことが安全で効果的です。専門家は個々の状態に合わせた施術計画を立て、適切なツボの選択や施術方法を提案してくれます。

また、自分自身の体の状態を正確に理解することも重要です。症状や不快感の程度、生理周期の変化などを注意深く観察しましょう。これにより、専門家や鍼灸師とのコミュニケーションを深め、より効果的なケアプランを立てることができます。

さらに、施術の頻度や適切なタイミングにも注意が必要です。定期的な施術を受けることで、鍼灸の効果を最大限に引き出すことができます。生理周期や症状の変化に合わせて施術を行うことで、効果をより長期的に保つことができるでしょう。

最後に、安全性に留意することも大切です。適切な施術環境や衛生管理、使用する鍼や灸の品質に注意を払いましょう。また、自己施術による危険や不適切な使用方法による副作用を防ぐため、専門家のアドバイスを仰ぐことをおすすめします。

鍼灸を適切に使用するためには、専門家の指導を受け、自身の体の状態を正確に把握し、安全性に配慮することが重要です。これらの要素を考慮しながら、鍼灸を効果的に活用して生理中の不快感を軽減することができます。

鍼灸・マッサージサロン Calfa

ロゴ

高い技術力と専門的な知識を活かした鍼灸やあん摩指圧を大阪市にて提供しており、疲れた体を癒やすための心地よいリラクゼーションをお届けいたします。美しさだけでなく健康面でのサポートもお任せいただけます。

鍼灸・マッサージサロン Calfa

〒550-0002

大阪府大阪市西区江戸堀1-26-24
KAISEI江戸堀1004